スターバックス、プリペイドカード機能を拡充

スターバックスコーヒージャパンは5月18日、プリペイド(前払い式)カードの機能を来月6日から拡充すると発表した。スターバックスの専用サイトで会員登録すればオンライン入金やカードを紛失した場合の残高補償などの新たなサービスが利用可能になる。クレジットカード情報を登録すれば、指定した金額未満になった場合に自動入金する「オートチャージ」機能も使えるようになる。

スターバックスがカードの機能の見直しを行うのは2002年のサービス開始以来初めて。
スターバックスカードの有効期限は、これまでは最終利用日から3年間だったが、この期限制度も廃止する。無期限とすることで、利用しやすさを高めてカード発行枚数を増やす狙い。

スターバックスによると、現在同カード発行枚数は現在累計590万枚。
15年3月末までに100万人の会員登録を目指す。

この記事について

このページは、クレジットカード編集長が2012年5月20日 15:26に書いたニュースです。

ひとつ前のニュースは「米マスターカード1~3月、カード利用増え純利益21%増 」です。

次のニュースは「アマゾン利用者に代金の100倍請求、アメックスのシステムトラブル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯クレジットカードのニュース
このサイトの携帯向け
クレジットカード比較
携帯向け比較サイト