11月のクレジットカード業取扱高6.8%増、経済産業省調査で

経済産業省が発表した2012年11月の特定サービス産業動態統計(速報)によると、クレジットカード業の取扱高は前年同月に比べ6.8%増え。12カ月連続のプラスとなる。

クレジットカード会員数が伸びたことに加え、ネット販売の決済が好調だったのが主な原因とみられる。また、病院などこれまでクレジットカードが積極的に使われてこなかった既存施設での利用も増えている。

一方で、クレジットカードの消費者金融業務(キャッシングなど)の売り上げは微減となっている。

クレジットカード業の会社系統別取扱高をみると、依然として銀行系のクレジットカードが多いが、商業系(百貨店・量販店・流通業者が発行するカード)が続いている。信販系のクレジットカードも取扱高は増えており、全体的にクレジットカードでの決済シーンが増えていることを裏付けるデータとなっている。


特定サービス産業動態統計調査
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result-2.html

この記事について

このページは、クレジットカード編集長が2013年1月17日 16:37に書いたニュースです。

ひとつ前のニュースは「セゾンカード、VISA限定でキャンペーン」です。

次のニュースは「2chで大規模なクレジットカード情報流出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

携帯クレジットカードのニュース
このサイトの携帯向け
クレジットカード比較
携帯向け比較サイト